So-net無料ブログ作成
検索選択

キタサンブラック 北島三郎の報酬が気になる!!【菊花賞】 [ニュース]

演歌歌手・北島三郎さんがオーナーを務める
キタサンブラックがG1レース菊花賞
見事制覇されました。


なんでもレース後には、あの『まつり』を熱唱し
会場をわかせたとか。


キタサンブラックの馬主は、北島三郎さんなんですが
この1位でどのくらいの報酬が入ってくるのでしょうか?

純粋に気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク




馬主というと、お金持ちができることという
イメージがあります。

今回のキタサンブラックは、北村さんが騎手騎乗し
5番人気でありながら、上位人気を蹴散らし見事1位を獲得しました。


菊花賞の賞金は、1億1200万円。


はたして、北島三郎さんにはどのくらいの報酬が入ってくるのでしょう!


競馬というと、騎手の年収が高いイメージがあります。


しかし、競馬で勝利した賞金は100%馬主に入るようです。

ただ、JRA(日本中央競馬会)の場合は、色々な取り決めが
なされており、馬主の代わりにJRA()が獲得賞金の中から

調教師に10%

厩務員・調教助手に5%

ジョッキーに5%

が支払われ、残りすべてが馬主である北島三郎さんに
支払われたことになります。



今回の菊花賞に当てはめると・・・。

賞金が1億2000万円。


調教師には1200万円。

厩務員・調教助手には600万円

ジョッキーにも600万円。


という計算になり、北島三郎さんには残りの
9600万円が報酬となります。


一般的には、身体を張っているジョッキーが高い報酬をもらっていそうですが
経済的なリスクを追う馬主に多くの報酬がいく仕組みのようです。


今回頑張った、キタサンブラックにも美味しい人参でも
上げて欲しいですね!!


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。